カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

旅学 No.1 / 2007 NOV.

旅人による旅人のための旅マガジン『旅学(たびがく)』。



No.1 / 2007 NOV
巻頭特集:【インド】聖なるどぶ河/高橋歩 in ガンジス

★『旅学』 特設サイト → CLICK!

旅学 No.1 / 2007 NOV.

価格:

1,620円 (税込)

購入数:

【特集】

■<インド> 聖なるどぶ河/高橋歩 in ガンジス

インドの大河ガンジスは、ヒンドゥ教徒たちの生と死をすべて飲み込む聖地として、世界でも名高い。そのほとりで沐浴をしながら、濃厚なチャイを飲みながら、人いきれの真っ只中で地球の歌を聴く。作家・自由人、高橋歩の旅。

■<マダガスカル> 木登りと波乗り/バオバブ街道

  「いつかはバオバブにツリーハウスを作りたい。だからまずは登ってみたい」。ツリーハウスクリエーター小林崇の木登り&波乗りの旅。さあ行こう、地球の裏のほうまで。いつのまにか忘れっちまった冒険の旅へ。

■<アメリカ・西海岸> LAST PARADISE

本当の自由って、いったいなんだ? 自由の国と呼ばれるアメリカの西海岸・フリーウェイを旅しながら、ラストパラダイスを探す旅。「FUCK'N FREEDOM TO YOU.」 自由はくそったれだ。だけど、やっぱり、自由って素晴らしい。

信州戸隠、キューバ、中国・北京、ブルーズ・イン・ミシシッピー、沖縄 & more…!


Comment from AYUMU TAKAHASHI

心ある旅人たちに愛され続けてきた雑誌「旅学」が、新しく生まれ変わって、うちのファクトリーから発売されることになった。今号は、記念すべき、その第1子だ。今年の春、編集長のシン(池田伸)と出逢い、ふたりでインド・ガンジスの路上を歩きながら感じた何か、あの安宿の汚い蒸し暑い部屋に流れていた何かが、オレの心に着火したんだと想う。
出来上がった雑誌を見たとき、これは最高の遊び場が出来たな、と心が躍った。
世界中の濃い旅人たちの物語が、素晴らしい写真とともに、これでもか!というくらいに百花繚乱だ。もちろん、オレ自身も、編集長のシンと共に、聖なるどぶ河、インド・ガンジスへの旅について、巻頭特集44ページで、ガツン!と書かせてもらった。
まぁ、能書きはこのくらいにして。とにかく、シンプルでパワフルな雑誌が出来たと想います。ぜひ、感じてみてください。

高橋歩

関連商品

旅学 No.2 / 2008 AUG.

1,620円(税込)
No.2 / 2008 AUG  
巻頭特集:【インド】 学校へ行こう。 / 高橋歩×池田伸
セネガル、沖縄…etc

旅学MOVIE Vol.1

2,674円(税込)
『旅学』の旅が映像となって登場!
3コンテンツ、計120分収録DVD。